自衛隊

最初は誰でも初めてである 航空よもやま話

最初は誰でも初めてである

撮影:ハシビロコウ氏 「最初は誰でも初めてである。」 これは私の言葉というか信念ですが、何にでも当てはまるかと思っています。   航空自衛隊に入隊して、一人前の戦闘機操縦者となり数年、あるとき突然、教官として勤務すべく転勤を命じられました。 最前線で勤務している自分に誇りをもっていただけに相当ショッ…
僕は今年高3で、進路について悩んでいます 航空よもやま話

僕は今年高3で、進路について悩んでいます

空飛ぶたぬきのTwitterに、DMで質問が届きました。 高校3年生で進路に迷っているとのことですが、こういった悩みを持つ人は多いと思っています。 一度きりの人生だし、自分のやりたいことはあるけど、両親や周りの人の意見もあって。。 今回は、DMでいただいた質問について答えてみようと思います。 いただ…
F-15の操縦系統とコントロール・チェック 航空よもやま話

F-15の操縦系統とコントロール・チェック

F-15の地上操作のうち、コントロール・チェックと呼ばれる項目があります。 外から見ていると、翼に付いている動翼がバタバタするのを見たことがあるかと思います。 あの点検は、同じ事を2回行っているように見えるかもしれませんが、実は1回目と2回目は異なる条件で行っているのです。 F-15の操縦系統 F-…
航空自衛隊の試験飛行操縦士(テストパイロット) 航空よもやま話

航空自衛隊の試験飛行操縦士(テストパイロット)

岐阜県各務原市には、航空自衛隊唯一の試験飛行部隊である、飛行開発実験団があります。 みなさんご存じの通り、F-2やC-2といった新規製造航空機の試験を担当している部隊です。 最近では、三菱リージョナルジェット(MRJ)やX-2(先進技術実証機)の随伴機(チェイス)を行っている部隊としても有名ですね。…
F-15の着陸パターンと操作方法 航空よもやま話

F-15の着陸パターンと操作方法

F-15の着陸は独特の方法です。 アプローチや接地操作は割と普通なのですが、接地後の機首上げによる空力制動が特徴で、アレを見るとF-15だなぁ・・と感じることもしばしば。 今回は、F-15の着陸についてのお話です。 着陸パターン 通常、イニシャルと呼ばれるポイントから進入します。 イニシャルは正式名…
ACM(Air Combat Manoeuvring)訓練 航空よもやま話

ACM(Air Combat Manoeuvring)訓練

私に質問をされる方は、やはり戦闘機が大好き!という方が多いです。 私自身も航空自衛隊の戦闘機出身ということをうたっておりますので、これはある意味普通かなーと。 その中で最も多いのがACM(空中戦)のお話です。 さて、ゲームはさておき実際の空中戦というのはどんなものなのでしょう。 どこでやってるの? …
コールサイン(無線呼出符号)についてのアレコレ 航空よもやま話

コールサイン(無線呼出符号)についてのアレコレ

コールサイン、なんか格好良いですよねw コールサインは、無線呼出符号といって総務省の電波法に規定されている固有の符号です。 通常、航空機の場合は電波法で「航空機局」という区分になり、各局ごとに一意のコールサインが設定されます。 言い換えれば、「航空機毎にコールサインが決まる」事になりますが、実際はそ…
F-15に乗れる? 航空よもやま話

F-15に乗れる?

複座の航空機であれば、後席や乗客として乗ることはできますよw 戦闘機の場合は「航空生理訓練」と「耐重力加速度訓練」等の適性を検査する必要がありますけど・・ 過去に、F-15にF-1レーサーの中嶋さんや、TBSのアナウンサーが乗ったことがあります…
編隊長 航空よもやま話

編隊長

岐阜基地の航空祭でやる異機種大編隊の先頭で飛ぶC-1のパイロットの方も8機編隊のライセンスが必要なのでしょうか? 8機編隊の資格はないので、「多数機編隊長」の資格になります 2機編隊長をエレメントといって、ELと書きます。エレメント・リーダー 4機編隊長をフライトといって、FLと書きます。フライト・…
女性整備士 航空よもやま話

女性整備士

航空自衛隊に入って航空整備士になるのが夢なのですが、やはり女だとなりにくいものですか? 航空整備士というと、駐機地区で働いている方でしょうか どの職域であってもなれます(戦闘機操縦者除く) 自衛隊という組織は、女性だからという考えはありませんよ(・∀・)   女性の整備士の方は周りにいらっ…