エアライン

ANA機の急降下措置について 航空よもやま話

ANA機の急降下措置について

2019年6月1日1日、アメリカ・サンノゼから成田に向かっていた全日空機に空調系統不具合が発生しました。 機体は緊急事態を宣言し、機内の気圧を保つため、10分足らずの間に高度約1万3000メートルから3000メートルまで急降下しました。 上記のような書き出しで、一部の報道機関では、「10分間で10,…
スコーク(Squawk)ATCトランポンダーのコード 航空よもやま話

スコーク(Squawk)ATCトランポンダーのコード

管制通信を聞いていると、「Squawk xxxx」や「Set Squawk xxxx」という4桁の数字を聞くことが出来ます。 我々パイロットの中では、「スコーク」や「コード」、「DBC」等の言葉で表現していますが、今回はこのスコークについてのお話です。 スコークは何のためにある スコークは、航空管制…
翼と迎え角(AOA:Angle Of Attack) 航空よもやま話

翼と迎え角(AOA:Angle Of Attack)

航空機のうち、飛行船以外は翼による揚力によって空中に浮揚します。 ここで、「あれ?ヘリコプターは?」と思われる方もいらっしゃるかもですが、ヘリコプターも同様です。(ヘリコプターの上で回転しているローターとよばれるパーツの断面は、翼のそれと変わりありません。) 翼は、前方から流れてくる空気流によって、…
戦闘機にはオートパイロットはついていない? 航空よもやま話

戦闘機にはオートパイロットはついていない?

エアライン等で運航されている飛行機には、オートパイロット(略称:AP)がついています。 これらは、FMSと呼ばれる飛行統合装置(Flight Management System)によって制御されており、機体の動き(ピッチ、ヨー、ロール)の他、スロットル等をコントロールすることができます。 通常、運行…
F-15Jエンジンの排気温度 航空よもやま話

F-15Jエンジンの排気温度

戦闘機のジェットエンジンの排気温度ってどれくらいなのでしょうか。 実はこれにはいくつかの考え方があります。 一般的なエアラインの航空機ですと排気温度は低く抑えられます。 これは、 外気温度と差があるほど騒音が大きくなるからです。 ジェットエンジンの音は好きな人には、たまらない魅力だとは思いますが、近…
パイロットの実機訓練は、なぜ小さいプロペラ機なのか 航空よもやま話

パイロットの実機訓練は、なぜ小さいプロペラ機なのか

これはよく聞かれます。 一般的には小さい機体から訓練を始めます。 正確には、「ガソリンエンジンを搭載した単発のプロペラ飛行機」から始めます。 なんで、そこまで細かく言ったかというと、きちんと理由があるんです。 ガソリンエンジン 一般にガソリンエンジンは、ジェットエンジンに比べてレスポンス(反応速度)…
シミュレーターにおける着陸のコツ 航空よもやま話

シミュレーターにおける着陸のコツ

最近はシミュレーターゲームなどする方も多いですね。 やはりその中で着陸は最も難易度の高い課目です。 もちろん、実機でも着陸をきちんと基本通りできる人というのはとても少ないですし、私も7,000回以上着陸していますけど、「これだっ」と思えるような着陸は数回程度だったりします。 さて、その難しい着陸を上…
FMC(FMS)の色 航空よもやま話

FMC(FMS)の色

FMCってなんでE S N Wが、画像のように目立たせるように白い線で囲ってあるのですか? パイロットの利便性だと思います。 東:East 南:South 北:North 西:West の頭文字です(´ー`)  …
航空機の着陸料 航空よもやま話

航空機の着陸料

基本的に着陸料はAIP(航空路誌)に定めているとおりで、重量によると思います。 ただ、空港管理が民間であったり、会社である場合はそれと異なる価格になってることもあるようですね 国交大臣設置管理空港(ジェット機) 重量区分 ~25t950円/t ~100t1380円/t ~200t1650円/t 20…