シミュレーターで飛行時間

シミュレーターでは意味(保証)がないかもしれませんがシミュレーターの時間や地上での計器訓練等(イメトレ)をたくさんとって実際飛ぶ時間を最短にすることは難しいのでしょうか?

自家用は40時間中5時間、事業用は200時間中10時間が、模擬飛行装置で充当できます 実地試験受験可能な技量まであげるには、それ以上の飛行が必要ですが、SIMで練習できるところも多いと思っています 個人的には50時間でもいけそうな気がします

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です