小型機の着陸経路

通常、セスナ機などの小型機は『標準場周経路』と呼ばれる四角形のパターンを使って、着陸を行います タッチアンドゴー(Touch and Go)訓練の時は、この四角形をグルグル回るんですね
各経路のことをレグ(Leg)と呼んでいて、離陸後の直線上昇するところから、 アップウインドレグ クロスウインドレグ ダウンウインドレグ ベースレグ ファイナルアプローチレグ と呼称しています

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です