エアラインパイロットとして必要な資格

エアラインパイロットとして必要な資格は?

機長と副操縦士で異なりますが

機長:定期運送用操縦士
副操縦士:事業用操縦士、計器飛行証明

さらに、どちらも航空無線通信士が必要 
さらに、海外運航する航空機は、航空英語能力証明
共通して、第1種航空身体検査が必要です

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です